矯正歯科では、叢生や顎の前突といった多様なタイプの歯並びや噛み合わせの異常・不正咬合を治す歯列矯正治療をしています。

歯並びや噛み合わせの悩みで矯正歯科に相談に来る患者さんでは、口元をきれいにしたいと理由をあげる方がほとんどです。
よく知られた矯正治療方法に、歯の表面にブラケットという装置を並べてそこにワイヤーを掛け歯を少しずつ移動させるやり方があります。
患者さんの中には、特に女性や成人の方で矯正装置が目立つことに抵抗を感じる方が多く治療中の見た目にもこだわる方が急増中です。

矯正歯科では、治療中も審美性の高い方法を希望する方も安心な目立たない治療も行っています。
裏側矯正は舌側矯正ともいい、矯正装置を歯の表面ではなく裏面に装着するやり方です、裏側矯正では器具を着けていることが他人に知られにくいのが特徴ですが、違和感が少なく滑舌や発音に影響しないというメリットもあります。
また舌で歯を押してしまうことが前突など不正咬合の原因になってしまっている患者さんでは、裏側矯正で歯の裏側に装置が着けられることでその舌癖を改善する効果も期待大です。

ワイヤーを使った矯正装置を着けていると、その間どうしても歯磨きがしにくくなってしまいます。
そのため虫歯リスクが上がってしまいがちなのですが、顎の内側には唾液腺があって唾液の対流がよいことに助けられて裏側矯正では表側矯正に比較して虫歯リスクが上がりにくいのも特徴のひとつです。

インビザライン治療では、マウスピースタイプの審美性の高い矯正装置を使って歯列矯正治療をします。
インビザライン治療で使われるマウスピース式の矯正装置は透明感のある樹脂製で、装着していても他人からほとんどわからないので接客業など治療中の見た目を気にする方にも大変人気が高い方法です。

インビザラインのマウスピースは元々目立たない矯正装置なのですが、人と会うとか会食などの時には患者さんが自分で簡単に外すことができます。
食事や歯磨きの時には外せるので、いつも通りの日常生活ができ快適です。
マウスピース自体も、ブラシなどで直接洗浄して衛生的に使えます。

矯正治療中は、一般的に歯磨きがしにくい状況です。
そのため虫歯ができやすい状況ですが、自分で着脱可能なマウスピースを使ったインビザラインならいつも通りの歯磨きやフロスができますから虫歯リスクの上昇を抑えられます。
裏側矯正やインビザライン矯正なら、他人に知られずに歯列矯正ができると同時にメリットの多い方法です。